忍者ブログ
停滞気味でも日常だったり感想だったりを書きながらもそもそ活動中のブログです
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


なんだかTwitterをやってるせいでココにも書きに来てる気になっていたけれど、よくよく考えるとそんなことは一つも無いんですねwwwww
思い込みって怖いわー( ´・д・`)


ちょっぴりpixiv内のお話
無駄に語ったりなんだりしそうなので畳んじゃいますー

話の主軸はTOW2・ディセンダー関連です
このジャンルに触れるのも久しぶりだなぁ……( ;´ω`)



最近(と言ってもそこそこ前から)、TOW2のディセンダーの数年後とか先代を考えるのが流行っていて凄い面白そうで良いなーーって思ってます(´ω`)
ちょっくら私も考えちゃおうかな、と意気込んだはいいものの……無印の頃から無意識に構成されてる私的ディセンダー観が邪魔をして考えられない罠\(^o^)/
まさかこんなところにトラップが仕掛けられてるなんて思いもせなんだ……

で、これを気に一度私的ディセンダー観を語ってみたいなぁと思いましてですね、行動に移しちゃおうかと思います
ココぐらいしか長々と語れるところが無いしね(´ω`)
この下からつらつらうだうだ話し始めるので興味が無かったり、苦手な方はUターンお願いします


あと、何か誤解を生んでしまったら嫌なので語る前に一言……

今流行のディ先代や数年後想像を否定しているわけでは断じてありません
むしろ柔軟な発想が出来て羨ましい限りです……( ´・ω・`)
今回の語りはそんな楽しそうな輪の中に石頭で入れなかった私の悪あがきになります
ちょっとは波に乗ったりしたかったんだ…ぜ……



ではちょっとだけ下げて語りに入らせてもらいますー













【私的ディセンダー観+うちの子についての無駄に細かい裏話】


■基本的なディセンダー観について

・基本的に各個体は一つの肉体、一つの精神で存在し続けています
記憶はリセットしたり継続したりするものの、常に同一人物です
判りやすい(?)例をあげると、本編中に出てきた大昔のディセンダーの物語……アレは私の中では本編でゲーデと戦ったアドゥとアーデントのお話と言う位置付けになってます

・マナが歳を取らないのと同じで、歳を取ることもありません
その世界の世界樹が滅びるまで、常に生み出された時と同じ姿かたちで世界に出現し続けます
精神年齢も基本的に同じです

・世界を救った後は、また世界樹に危機が訪れるまで出現しません
だから私的なED後の正規ルートは周回プレイの流れの方です
ここら辺は無印の時のEDの流れが強く影響してるのかなぁって思います



■私のディセンダー達について

・アドゥ
アドゥは恐れも何も知らない絵に描いたようなディセンダーというのか私の中の位置付けなので、世界を救う毎に記憶はリセットされてます
これは本人の意思どうこうではなく、世界樹の親心からそうなってます
楽しかった記憶も思い入れのある人が全て死んでしまったら寂しい記憶ですからね……

ただ、性格は『そうなる要素』が常にアドゥの中にあるので変わることは無いというご都合主義ですwww

因みに忘れられがちなスペクタクル好き設定は、何かを次に残そうとする彼女の無意識の行動です
しかしその記録は後世には残っていないので、いつも全てがリセットされた状態から始めることになっています
まぁ…次に生まれてきた時には、記録していたことすら覚えてないので悲しくもなんともないんですけどね
不毛だとは気付かずに同じ事を繰り返し続けてます


・アーデント
逆にアーデントは生み出されてから全ての記憶を保持し続けています
それは彼の位置付けが私の中ではディセンダーではなく、ディセンダーを守るもの、ディセンダーの為のディセンダーとなっているからです
だから、周囲の人間にも世界にも興味がなくディセンダー(アドゥ)を守ることにのみ全てが注がれています

記憶の保持は人間の良いところ汚いところ全てを知った上でないとアドゥを守れないと本人が思い、世界樹に記憶を消させないからです

アーデントは常に世界樹に帰るときアドゥの後から帰っています
理由はアドゥの残したその時の記録を消し去るためです
悪意ではなく、行き過ぎた愛情ってやつですね……


~お互いの認識~
アーデントが異様な執着をアドゥに持っているようにみせて、その実アドゥもアーデントに依存しきっている節があります
常に記憶をリセットされてしまっても常に傍にいて手を握ってくれている存在は身体が覚えているようで……これもまたご都合主義ですねwwww
ひどい話、世界の崩壊も2人一緒なら悲しくも寂しくも無いというのがうちの子達の根本です
病んでます、中二です(私が)



■エセンダーについて

まだきちんとした詳細は上げてないのですが、うちにもエセンダーは居ます
そしてエセンダー観も自分の中にあるので語っちゃおうかなって思っています

・エセンダーは毎回、違った容姿や性格で現れます
ディセンダーと違って同一人物ではありません
生まれては消えていくその時々の存在です

・マナと負からなる存在です
比率としては、マナ1:負9ですwwww
ゲーデに近い存在ですね
ただゲーデと違って世に現れます
それはマナを含んでいるから、世界樹の中から上手い事脱出口を見つけて出てくる事が出来るようです

・世界を救うフリをして、世界を破滅させようとします
ゲーデに近い存在なので世界樹大嫌いで、世界なんてなくなればいいと思っています
だから私的にはディセンダーVSエセンダーの歴史がかなりあった事になってたりします



■先代について

ココまで書いてきてふと思う、先代居るんじゃねっと……
ただちょっと今流行のディ先代とは違う観点でした、残念……( ´・ω・`)


・私の中での先代は、世界樹の『親の世界樹』の世界に存在したディセンダーの事になります
グラニデならパスカですね
ただパスカのディセンダーカノンノは、人として生まれ変わっちゃったのでアドゥ達の先代には当たりません

パスカは一度滅び、無印の舞台であるテレジアによって再生されました
その時にテレジアのマナもパスカに少々宿っていたらしいので、テレジアのディセンダーの要素がアドゥ達に受け継がれてます
なのでアドゥ達の先代はテレジアのディセンダーになります
ご都合主義ですね、わかりますwwwwww

・しかしながら、こうすると私的に凄いすっきりした設定になりますwww
何故ならテレジアのディセンダーはグラニデのアドゥと同じ名前でとても良く似た容姿だからです
(まぁ、正しくはグラニデアドゥが似てるんですけどね…)


……こんなややっこしい設定じゃ私の先代ディセンダー物語は日の目を見ることはなさそうですwwwwww



**********



と、長々と語らせていただきました
ココまでお付き合いして下さった方、有難う御座います
お友達になりましょうっ(`・ω・´ )
もうすでに、お友達の方はお付き合いしましょうっ(`・∀・´)

……調子に乗りましたすみません…( ´・ω・`)


そんなこんなで私的ディセンダー観でした
上手くディセンダー観だけ抽出して言いたいことを言い切れなかったので、我が子達に関する話も盛り盛り沢山でお送りさせていただきました
と言うか、わが子の話のほうが多いですね……(^p^)

今まであんまりディセンダー観について話した事が無かったので凄いすっきりしました
自分設定マンセーですwwwww
多分、アドゥとアーデントの過去話はディ先代に当たるものなのかも知れないのですが……私の石頭がそうはさせてくれないようです( ´・ω・`)<ロクヤの中じゃ、あくまでも過去話らしいぜ…


そして、いつかアドゥとアーデントの過去話とか描いてみたいなぁっておもいます
……漫画、描けないんですけどね(^p^)
小説はもっと書けませんが……wwww
あと、エセンダーもキチンと日の目を見せてやりたいです

一時は諸事情で離脱しかけたこともあるけれど、もう暫く居座っちゃいそうですwww
まだまだディセンダーでやりたい事ってあるんだなぁーー( ´ω`)


本当、最後までお付き合い下さった方……
有難う御座いました^^
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ロクヤ レコ
性別:
女性
自己紹介:
色んなツールに浮気をしてはひっそりペソペソ描いてます
自称・チャンピオン淑女

【絶賛生息中】※クリックで飛びます※
pixiv
drawr
Twitter(フォロー申請は気軽にドゾ)
手書きブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/17 遠投]
[01/19 ロクヤレコ]
[01/17 kai]
[11/14 遠投]
[10/02 遠投]
pixiv
手書きブログ
バーコード
P R

Copyright (c)Cm43 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]